FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鼻腔共鳴を獲得するために -第一弾 <頬の筋肉あげて!>


歌うときの基本的な顔・口の中などをこれから徐々に載せていきます。
1.まず表情筋のエクササイズをしましょう。

頬の一番でっぱっている表情筋
 (よく子供の頃親指と人差し指で輪をつくって
たこ焼き!’なんて言って遊んだことありませんか?そこ!!です)
その筋肉を思いっきり上に上げてください。
手はなるべくつかわないで。
思うように上がらないなら手を補助で使ってあげても大丈夫ですよ

それを眉をあげながら10回くらいしてください。

2.口を閉じて鼻から思いっきり息を吸いましょう
 喉の奥の柔らかい部分=軟口蓋 が上に開くように
  思いっきり息を吸ったとき、鏡を見ながらびっくりした顔をしてください。
 そして息を5秒~10秒止めてください。
 その時、1番でやった表情筋も上げてください。
 
毎朝・毎晩 歯を磨くとき、顔を洗うとき5回ずつくらいしましょう。

歌は身体が楽器ですから、身体の筋肉を鍛える、トレーニングです。
ただ歌っていてもいい声はでません。
自分の声に自信がもてるまで20年はかかると思ってください。
プロの歌手も身体を毎日鍛えているから歌えるのです。

歌は一種のスポーツと思って取り組まれるといいでしょう。
一緒にがんばりましょう!!!


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://serimama.blog45.fc2.com/tb.php/29-5b5f3a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。