FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤毛のアンとの出会い

最近赤毛のアンを洋書と和書で読み直しています。

私の赤毛のアンとの出会いはミュージカル初出演作品。

私はあのちょっとこわいけど憎めないレイチェル・リンド婦人の役でした。

内容は舞台をしてたのでわかっているつもりでしたが

子供向けミュージカルなので子供にわかり易い
教えを中心にしていました。

「うそはついてはいけない」とか「友達を大切に」とか

しかし、原書の本当の主旨は
「許し」だったのです。

作者がクリスチャンで牧師婦人でもあったので、
キリストの教えを訴えたかったのでしょう。

「にんじん」とアンのことを言ってからかったギルバートを
アンはしばらく許せず憎んでいました。

しかし、憎しみからは何も生まれず
第一巻の最後にアンは彼を許します。

私も父に対する憎しみから開放され、
今は主に癒されています。

憎しみは自分の心をむさぼります。
常に人を許せる人になろうと日々思ってます。

スポンサーサイト



テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

この記事に対するコメント

「赤毛のアン」、私も好きで、子供の頃、よく読んでいましたが、細かい内容などは、既に忘却の彼方・・・。

洋書と和書と両方で読んでいらっしゃるんですね。
すごいです!

やはり、何かその奥にきちんとした思想が流れている本は、どんなに時が経っても、名作として残っていきますよね。
「許し」は、私にとってもとっても大切なテーマです。
憎しみを捨て、許しや愛を選んでいきたいです!

【2008/07/19 20:04】URL | Megi #-[ 編集]

megiさんへ

赤毛のアンは読んでいると幸せな気持ちにさせてくれます。
何気ない風景や自然がイキイキとしてくるのです。

「許しと愛」megiさんのおっしゃるとおり、とっても大切なテーマですね。ときどき人に嫌なこと言われたり、されたりすると許すことが難しいときもありますよね。
でも、憎むことは自分を痛みつけることですよね。
いつも許せる人になりたいものですね。

【2008/07/23 17:37】URL | のん #-[ 編集]

頬の肉あげてます

のんさんのご指導に従って、頬の肉をあげるトレーニングしてます。これすごい顔になりますね(笑)

赤毛のアン、半分近くまで読みました。面白くって・・・引き込まれてます。
ギルバートに対するアンの態度は普段の明るいアンとは違ってますよね。
人を憎むって明を暗にしちゃいますね。
わたしも腹が立つ人のことを思うと自分が嫌なヤツになってるのがわかりますもの。
人を赦し愛することができるように、日々祈っていきたいと思います。

【2008/07/23 21:31】URL | chika #eyFua8cs[ 編集]

chikaさんへ

ほんと誰にでもある一面ですよね。
人に言われたことですぐ怒ってしまったり(心の中で)
自分も人に何をしているかわからないですから
自分を許してもらえるように人も許しなさいを毎日心のなかで
唱えていきたいと思いますよね。

【2008/07/29 14:21】URL | のん #-[ 編集]

>>憎しみは自分の心をむさぼります。常に人を許せる人になろうと日々思ってます。

素晴らしい思いですね!
私も義母との問題にやっと立ち向かう勇気が出てきました。

赤毛のアンは私も大好きなお話です。
『許し』といぅのは皆分かっているけれど実践の難しい心境ですね。
でも私もこの境地を求めて生きていきたいなって思ってます。

【2008/08/14 10:40】URL | yuko #Xlf.8pIU[ 編集]

yukoさんへ

お義母さまとの接し方って難しいですよね。
お互い理解しあうのが難しい立場なので誤解を生みやすいと思います。
私も現在の主人のお義母さまとは、少し難しい状況です。
前の主人のお義母さまと比べてしまっている自分がいけないのはわかってはいるのですが。

何があったかは知りませんが、きっとyukoさんのお義母さまも
yukoさんと実は仲良くしたいのにうまく表現できないのかも
しれませんね。

また教えてくださいねv-22

【2008/08/17 12:31】URL | のん #-[ 編集]

憧れの女の子、それは・・・
 どうも、あたしは中学1年生です。あたしの「赤毛のアン」との出会いは小学2年生のときです。そのときは、1度読んでそれきりでした。そんな事も忘れた原作誕生100周年の去年。新装版で登場した「赤毛のアン」を、てにとらずにはいられませんでした。
 アンは、生まれつきの”想像力”と、明るい性格とおしゃべりが出会う人、出会う人を夢中にしてしまうんですね。これがマリラの言う”魔法”なのかも・・・!そんなアンはあたしの理想そのものの女の子ですv-254
 あたしも、よく空想をするし、ロマンチックなことや詩的な言葉もすきだけれど、明るい性格でも努力家でもないんですもの・・・。
 もし、あたしが変わろうとすれば、アンみたいにだってなれるのかしら?

【2009/01/16 22:07】URL | Anne #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://serimama.blog45.fc2.com/tb.php/32-b79da718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。